男性はどんな女性と結婚すべきか?女性の「コミット」が大事~恋愛の悟りの境地に到達しました…~

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト

結婚相談所で交際休止に入りました!/婚活崖っぷち/ひそかに妊活開始/石原さとみになりたい

最新記事 by 婚活ミニマリスト (全て見る)

とつぜんですが、グレーな関係の人がいます。

スポンサーリンク

とつぜんですが、グレーな関係の人がいます。

告って撃沈

それでもやっぱり彼が好き

スポンサーリンク

私は最高に「コミットが高い」状態

加藤将太さんが魅力的人生セミナーで、

「コミットの高い女性は、自分の価値観をねじ曲げてくれる」

と話していて、ホントにそのとおりだと思いました。

まぁ、ふつうは好きな人ができたら付き合いたいと思うじゃないですか。

年も年だし、結婚もしたいですよ。

でも、結婚どころか付き合ってもくれないし、そもそも私のこと好きじゃないんだろうなって思うけど

「好きだから、連絡も一応取れるし、たまに会えるだけで幸せだからいいや」

って思いました。

「彼に他に好きな人ができたらそっちに行ってもらって構わない」

「彼に好きな人ができて幸せになってくれるなら、それで構わない」

「彼が自分と会いたいと思ってくれるなら、会いたい」

というマインドです。

▼男性にとって「コミットの高い」女性とは

  • ノープレッシャーだけど、連絡したら喜んでくれる
  • 24時間365日、自分を好きでいてくれる
  • 浮気しようが、会わなかろうが、許してくれる
  • 子どもができたら、家で子どもたちに彼のことを誉め称える
  • 許せないことでも、自分の価値観をねじ曲げて合わせてくれる
  • その子の能力の範囲で、自分のために一生懸命やってくれる
  • 一度好きになったら冷めない
  • 無限の「好き」という泉がある(枯渇しない)

・・・コレ、私のことですね☆

(ブログはじめてから、自分からは連絡しなくなりましたので☆)

スポンサーリンク

加藤将太さんの定義する「恋愛レベル」

加藤将太さん曰く、

「男性と彼女のことについて数分話せば、その人がどの恋愛レベルにいるか正確に診断できる」

▼加藤将太さんの定義する「恋愛レベル」

  1. 恋愛レベル0:依存
  2. 恋愛レベル1:刺激
  3. 恋愛レベル2:価値観→女性はここまででOK
  4. 恋愛レベル3:コミット→男性はこれを一番重視すべき
  5. 恋愛レベル4:情・恩(究極の理想)

恋愛レベル0:依存

二次元(アニメ)、アイドルしか好きになれない、またはストーカーのレベル。

恋愛レベル1:刺激

生身の人間を好きになる、見た目重視、お金重視のレベル。

恋愛レベル2:価値観

話が合う、頭がいい、信頼感など内面性を重視するレベル。

恋愛レベル3:コミット

3%の男性しか到達していない恋愛レベル。

コミットというパラメータの存在を認識し、かつそれを重視するレベル。

恋愛レベル4:情・恩(究極の理想)

夫婦のどちらかが病気になったり、植物人間になったりしても離婚しないでケアし続けるような究極的な関係。

※結婚を決意する段階ではここまでは求められない。

スポンサーリンク

女性は、恋愛レベル2(価値観)まででよい

加藤さん曰く

「女性は、刺激だけではもちろんだめで、価値観までは見なければならないのですが、刺激を重視する傾向があります」

そのとおりだと思います。

女性は、どんなに自分を大事にしてくれる人でも

刺激が足りないと幸せになれない生き物です。

昔、飲食店でバイトしていた時に、来店してきたある夫婦を接客したことがあります。

ふつうの見た目の、どちらかといえば冴えない印象の旦那さんと

人目を惹くほど美しい奥さんという、ちょっとアンバランスな夫婦でした。

美しい奥さんは妊娠していて、そのせいもあるのかもしれませんが、旦那さんは奥さんを過剰なほどにケアしていました。

椅子の立ちすわりから、食べ物や飲み物のケアまで、おおげさなほどに手厚いケアをしていました。

なぜその夫婦のことが印象に強く残っているかというと

旦那さんは幸せそうだったけれど、奥さんはずっとぶすっとした顔をしていてまったく幸せそうじゃなかったのです。

見た目と幸福感のアンバランスさが異常な光景に映るほどで、かなり強烈に覚えています。

美しい奥さんをゲットして幸せに浸る冴えない旦那さんと、ちっとも幸せそうじゃない美しい奥さん。

どんなに完璧にケアしてくれていい旦那さんで条件的には理想の男性だとしても、刺激(お金・見た目・面白み)が足らなければ女性は幸せになれないんですよ。

スポンサーリンク

男性はどんな女性と結婚すべきか?女性の「コミット」が大事!

一方男性は、価値観のさらに上、コミットまで見れなければ幸せな結婚はできません。

どんなに美しくて、頭がよくて話が合って、素敵な女性でも、コミットが低かったらNGにしないといけないんです。

さっきのアンバランスな夫婦の旦那さんは失敗しているわけです。

美しい奥さんは、冴えない旦那さんに対して明らかにコミットが低いと思われるからです。

コミットが低いとどうなるかというと、あるときいきなり離婚されたりして、精神的にも経済的にも大ダメージを負うことになります。

離婚しないまでも、子どもに悪口を吹き込まれて家庭での立ち位置が危うくなったり、ろくなことがありません。

女性を失いたくないと思う一心で「結婚カード」を切って無理に結婚したりすると、そのパターンに陥りやすいからよくないのです。

「なにがあっても自分を好きでいてくれる女性の素晴らしさを理解すべき」

と加藤さんは言います。

ホントにその通り!

男性はそこまでわかることができるレベルに達するのに時間を要するので、

男性は35歳以上で結婚すべきで、その方が離婚しにくいそうです。

女性は、男性のコミットを重視しなくてもいいというのは、女性は男性のコミットよりも男性の刺激(お金・見た目)のほうが大事だったりするかららしい(笑)

さっきのアンバランスな夫婦がまさに当てはまっているわけですよね。

冴えない旦那さんにどんなに尽くされても幸せになれないんです。

私の場合はあの夫婦の逆で、グレーな関係の彼はコミットは0だけど、刺激と価値観は最高だから、彼のことが好きだし幸せなんです。

すごく面白いし、女性もだけど、とくに男性は加藤将太さんの魅力的人生セミナー「結婚編」は必見ですよ!

女性には、「恋愛編」が結構おすすめ(*´ω`*)

ガチでコレを見ておいたら、将来離婚する確率を減らせると思いますね。

あなたの幸せな人生のために、強く、おすすめします!(=゚ω゚)ノ

ではでは☆

スポンサーリンク