「メキシコの漁師」から学ぶべき教訓とは?本当のお金持ちの日々の過ごし方から読み解く「お金と幸せ」

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト

結婚相談所で交際休止に入りました!/婚活崖っぷち/ひそかに妊活開始/石原さとみになりたい

最新記事 by 婚活ミニマリスト (全て見る)

おはようございます。

花粉症が目に来てつらいよ~((+_+))

今日は、以前phaさんの本で知った

メキシコの漁師(mexican fisherman story)

というお話について考えます。

スポンサーリンク

「メキシコの漁師」

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

スポンサーリンク

「メキシコの漁師」の教訓とは?

この話の教訓は何なのか?

ネット上には、たくさんいろんな意見がありますが

私が思ったことは

一番興味深いのは、アメリカのコンサルタントが、金持ちになったらこういう生活ができるよ

素朴な生活を挙げたことだと思います。

自分の収入でできる質素な暮らしをしているメキシコの漁師と

億万長者になったあとにできると憧れる暮らしが同じなくらいに

人間の望む理想的な生き方というのは、実は素朴な生活なのです。

▼「メキシコの漁師」で語られる理想の暮らし

  • のんびりと時間を気にしないで暮らす
  • たっぷり睡眠を取る
  • 趣味に没頭する
  • 家族との時間を過ごす
  • 友達との時間を過ごす

スポンサーリンク

ぜいたくな暮らしは楽しいか?

「いや、お金持ちになったら、

ドバイにもモルディブにもファーストクラスに乗って行きたいし、

ハワイに別荘もほしいし、大きな家に住みたいし、

ブランド物をたくさん買いたいし、車も買いたいし、

毎晩高級ワインをガンガンあけてみんなでパーティーしたいし、

そんな暮らしにはお金がかかるよ!」

と思う人もいるかもしれませんが

やってみると実はそういう暮らしってつまらないんでしょうね。

やってみたいなと思ったことは「実際やってみるとこんなもんか」っていう感じで

やってみたいなと思ったことを全部やってしまった後には、案外、虚無感しか残らないものなのかもしれません。

スポンサーリンク

本当の億万長者がやっていること

この想像を裏付けるのが、最近読んだ

お金が“いやでも貯まる”5つの「生活」習慣 「ふつうの億万長者」徹底リサーチが明かす

という本に載っていた億万長者の活動内容です。

実際にお金持ちが行っている行動は、豪遊ではなく、どちらかというとメキシコの漁師に似た、素朴な生活なのです。

消費と幸福にはほとんど相関関係がない

消費と幸福にはほとんど相関関係がありません。それなのに幸福がもたらされると期待して消費する人たちは、結果にがっかりすることでしょう。

引用元:お金が“いやでも貯まる”5つの「生活」習慣 「ふつうの億万長者」徹底リサーチが明かす

「メキシコの漁師」の教訓もこれと同じなのではないかと思います。

あなたは「メキシコの漁師」を読んでどう思いましたか?

お金と幸せについて考えさせられる、いい話ですね。

ではでは~

スポンサーリンク