Pabo(里田まい・木下優樹菜・スザンヌ)の3人の人生は「女は男を見る目が一番大事」の実例集

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト

結婚相談所で交際休止に入りました!/婚活崖っぷち/ひそかに妊活開始/石原さとみになりたい

最新記事 by 婚活ミニマリスト (全て見る)

昨夜、テレビを見ていたら、アナザースカイに木下優樹菜が出ていました。

木下優樹菜、割と好きなので真剣に観ました。

めっちゃかわいかったです。

スポンサーリンク

木下優樹菜とPabo

テレビにモデルに超多忙だった時期に、モデル業がうまくできなくて

「あのときの写真は嫌な思い出がよみがえるから見たくない」

と言っていたのが気になったので、アナザースカイ放送後に画像を検索して見ていました。

「かわいいなぁ、木下優樹菜。」

と思いながら見ていたら、Pabo(パボ)の写真が出てきて

「そういえば、そんなものもあった・・・」

と思い出しました。

Paboとは、里田まい・木下優樹菜・スザンヌの3人のおバカキャラで2007年に結成されたグループです。

スポンサーリンク

里田まい・木下優樹菜・スザンヌ~Pabo解散後、明暗クッキリな3人の人生~

里田まい

里田まいは、今やメジャーリーガーとして大活躍している田中将大と結婚。

子どもも生まれ、田中将大の巨額の年俸でニューヨークで悠々自適の生活をしています。

まさにアメリカンドリーム。

絵に描いたような勝ち組ですね。

木下優樹菜

木下優樹菜は、お笑いコンビのFUJIWARAのツッコミ・藤本(フジモン)と結婚。

フジモンはブサイク・年上・芸人ながら、木下優樹菜への真剣そのものの愛を受けて

子どもも二人でき、今もラブラブな幸せな家庭を築いています。

「フツウが一番」を絵に描いたような幸せな家庭ですね。

スザンヌ

福岡ソフトバンクホークスの元投手・斉藤和巳と結婚。

結婚当初からすれ違いが多く、スザンヌの産後クライシスと

斉藤和巳自身も女癖が悪いこともあって(多分サイコパスだね)離婚。

シングルマザーとなっています。

スポンサーリンク

田中将大・フジモン・斉藤和巳

三人の旦那さんについてフォーカスを当てましょう。

里田まいの夫・田中将大

甲子園時代から注目を集め、プロになってからも一軍トップで活躍し続け

メジャーリーグに移って巨額の年俸を稼ぐ、超一流野球選手。

見た目はいいとは言えないけど、見ようによってはそんなに悪くないし

里田まいより年も若いし、なんといっても仕事ができる。

里田まいからアプローチかけたというので、里田まいは見る目が高かったですね。

木下優樹菜の夫・フジモン

売れっ子芸人でずっとテレビに出続ける一流芸人ですが、よしもと所属なので、お給料はそこそこでしょう。

とはいえ、一般のサラリーマンよりはずっと稼いでいるでしょうし、

木下優樹菜への愛の強さは並々ならぬものがありましょう。

女はコミットよりも刺激を求めがちなので、ルックスも悪く、お給料もそこそこな男性はイマイチなのですが・・・

しかも木下優樹菜はもともと、かなりのメンクイなので、若くてモテる女性のよくある恋愛で不幸になりがちなパターンに見事当てはまるタイプでもあります。

その割には、よく妥協できたなとほめていいのではないかと思います。

フジモンの内面は問題ないですから、恋愛レベル2もクリアしており、及第点といったところです。

木下優樹菜がテレビ用に語るフジモンへの不満が真実ではないとすれば、問題ないのですが

刺激に満足しているのかという点で、彼女の幸せはちょっと図りづらいところではあります。

スザンヌの元夫・斉藤和巳

斉藤和巳にはスザンヌの前の奥さんがおり、離婚協議中にスザンヌと付き合いだしたらしい。

第二子を身ごもった奥さんのおなかを「おろせ」と蹴ったという話もあります。

仕事もうまくいっておらず、肩を壊して、治療のため第一線を離れている頃でした。

(そしてその後も持ち直すことはありませんでした。)

スザンヌとの離婚協議に関しても、家を出ていったまま、一方的に離婚を申し出、しかも面会にも応じずに進めていったというので驚きで言葉も出ません。

子どもの養育費を出すことも渋っていたとか。

払うお金もありませんしね。

完全なサイコパスでしょう。

スポンサーリンク

女は男を見る目が一番大事の典型例

おバカキャラで一世を風靡したPaboの三人の命運はまさに、男を見る目にかかっていたといえます。

三人の人生は「女は男を見る目が一番大事」の典型例です。

女性は男性よりも結婚相手によって人生に受ける影響が大きいのです。

女性はバカでもまったく問題ないけど、男を見る目がなかったら命取り。

女性については、真のバカは男を見る目がないことを指すのかもしれません。

肝に銘じていかねばなりませんね。

ではでは☆

スポンサーリンク