ボンボンウォッチ(bonbonwatch)の電池交換について

The following two tabs change content below.

minimalist tokyo

シンプルに、清く美しく生きていきたい

溺愛している腕時計を紹介します。

ボンボンウォッチです。

スポンサーリンク

ボンボンウォッチとの出会い

ボンボンウォッチは、フランス語でキャンディーウォッチ。

丸い本体がまるでかわいいキャンディーのようなデザインのフランス製の腕時計です。

美容院で読んでいた雑誌の広告で発見して心を奪われてしまいました。

で、ネットでいろいろ検索をして、とうとうボンボンウォッチ買いました!

中古だけど。

定価で買うと3万円くらいしちゃいます。

ちょっとそこまでの余裕はないってことで・・・

私は金属アレルギー持ちなので、ベルトの金具がダメなので使えない可能性もあるしということで・・・

中古で一つだけベルトがプラスチックのものがあったので、それを買いました。

二千円だったのですが、なんとベルトとの接続部分が壊れていた・・・

瞬間接着剤でくっつけて使ってみたところ

とにかく、かわいい。

見ているだけで幸せになる可愛さ・・・!

あまりに可愛いのでもう一つ中古でベルトに金属が使われているものも買いました。

ところが、電池がきれていたので交換しなければということで、結構苦労しました。

スポンサーリンク

ボンボンウォッチの電池交換

ボンボンウォッチは本体部分がプラスチック製なので、古くなっていると電池交換作業中に壊れるとかで、「うちではボンボンウォッチは触るなと言われてるので対応できません。販売店に行って下さい」と門前払いを食らったり、

「ここでは対応できないので修理工場での対応になって費用も三千円かかります」と言われたりでいろいろなお店を渡り歩く羽目に。

結局、ボンボンウォッチ銀座店に電話して問い合わせたところ「購入して一年未満のものなら無料で電池交換しますが、それ以上のものは有料で1680円いただきます」との回答でした。

有料なら銀座いくのめんどうだなぁということで、次に行ったビックカメラの時計修理カウンターで、「作業中にプラスチック部分が破損する可能性があるが、それでもいいなら」ということで1608円で対応してもらえました。

作業内容自体は正規店でも同じ作業だし、破損した場合の修理対応などが迅速に案内される可能性があるくらいの違いということで、お願いしました。

結果無事に破損することなくあっという間に電池交換は完了し、ちゃんと動いています。

ビックカメラの時計修理カウンターの横には交換用ベルトがたくさん並んであって、私が持っているボンボンウォッチミニは14mmのベルトなら取り付けられるとのこと。

ベルトがボロボロになったらまたビックカメラの時計修理カウンターに行こうと思いました。ベルト交換はだいたい五千円弱くらいですかね。

スポンサーリンク

ベルトの金属部分の金属アレルギー対応

Amazonで金属アレルギー対応の樹脂コーティング剤を購入しました。

ベルトの金属部分に塗布して使用してみようと思います。

とってもかわいいので、長く大事に使いたいな。

ではでは☆

スポンサーリンク