SEX AND THE CITYのキャリーとビッグが結婚するまで10年以上かかった訳

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト♡ルールズガール

こんどこそルールズをまもって結婚するんだ!/結婚相談所で活動再開/婚活崖っぷち/石原さとみになりたい/美肌になりたい

SEX AND THE CITYはNYが舞台の恋愛ドラマなのですが

その主人公のキャリーが相手のビッグと繰り広げる大恋愛が主軸になっています。

ふたりは出会ってとんとん拍子に恋愛関係に突入し、ラブラブ交際を順調にしていたのに、

バツイチのビッグがなかなか二度目の結婚に踏み切れなくて、結婚したかったキャリーが諦めて別れて、

いろんな人と付き合ってもやっぱり上手くいかなくて、ビッグが忘れられなくて、ビッグもキャリーが忘れられなくて、

「やっぱりお互い以外にいない!」と気づいてまたくっつくまでに10年かかってるんですね。

なんでこんなに時間がかかったのか・・・?

最初に分かれたときは、ふたりの結婚願望に差があって、「結婚願望の無い男と一緒にいてもしょうがない」とキャリーは別れを決意。

その後もお互いを忘れられない状況が続くのですが、どっちかがフリーの時にどっちかに交際相手がいて、とてもタイミングが悪いわけです。

そのタイミングの悪さが、いろいろあってやっと二人が結ばれるところが、ドラマなんだけど、ほんとにドラマチックなんだよね。

キャリーとエイダンが付き合っているあいだ、ビッグがすり寄って来たり

キャリーがエイダンと別れたら、ビッグが25歳のナターシャと電撃結婚してしまったり

ビッグがナターシャと離婚したら、キャリーがバーガーと付き合ったり

バーガーと別れた後、アレクサンドルと付き合ってフランスに移住を決めたとき

ビッグがやっと「キャリーしかいない」とわかったっていうね。

何てドラマチック。

キャリーとビッグの結婚を、単純に語れないし、誰も悪くないし、誰の気持ちもわかるし、複雑にタイミングと気持ちが交錯して、最後は最高のハッピーエンドを迎えるところが、みんなの心を打って名作として親しまれ続ける理由なんですね。

スポンサーリンク