男には「恋愛のダブルスタンダード」で接せよ~「男は40から」と勘違いしている男がヤバイ~

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト♡ルールズガール

こんどこそルールズをまもって結婚するんだ!/結婚相談所で活動再開/婚活崖っぷち/石原さとみになりたい/美肌になりたい

 
こんばんは。

昨夜は浅田姉妹が出てる、徹子の部屋みました、WAKAKOです(=゚ω゚)ノ

浅田真央ちゃんが出てると、つい見ちゃいますねえ。

浅田真央ちゃん、現役を引退してもなお、数字持っててすごいな~!

今日は、恋愛について語ります。

スポンサーリンク

恋愛において、女は男よりも優位な立場にいることを知る

最近、友人が「最近振られた男に優しくされて心が揺れている」と言っていました。

私は彼女に言いました。

「もっと気持ち上から目線で行った方がええんちゃう?」

恋愛において、女は男よりも優位な立場にいます。

そういう意識を持って、余裕の気持ちで接すべきだとアドバイスしたかったのです。

世間の男たちが愚かで哀れだと思う理由を以下に挙げます。

  • 「正社員ならモテる」と勘違いしている男がヤバイ
  • 「男は40から」と勘違いしている男がヤバイ
  • 「独身男性より独身女性がヤバイ」と勘違いしている男がヤバイ
  • 男性が独身でいるデメリットがヤバイ

こんな感じの残念な男たちが多すぎるのです。

以下に、怒涛の持論を怒りの「である調」でまくしたてます。

「正社員ならモテる」と勘違いしている男がヤバイ

人生詰んでるのは、安月給の正社員。

零細企業のブラック企業に勤めていて、残業代もでなくて、タイムカードなしの見込み残業とかいう青天井のサービス残業をさせられている。

または管理職の役職をつけられて、残業代の観念すらなくされている。

そのくせ「俺は、正社員だ。」という何の役にも立たない謎のプライドを持っており

自分よりも圧倒的に稼いでいる(人もいる)非正規雇用者を見下している。

さらに、ずっと事務職畑で、その会社でしか使えないスキルしかない男はやばい。

新卒でも中途でも少し教え込めば誰にでもできるような仕事をしていると、当然ながら汎用的なスキルがつかない。

はっと気がついたときには年をとっていて、何のスキルもないので転職もできない。

永遠にヒラ社員で安月給で終わる。詰みだ。

なにが正社員バンザイだ。技術職の派遣のほうがよっぽど稼いでいる。

しかし、ヘタに昇給してして給料が増えてしまうケースは、もっとヤバイ。

役職が上がれば給料は上がっても、それ以上にいや増すのがプレッシャーだ。

給料泥棒とみなされたり、さらに長時間のサービス残業と精神的な圧力とパワハラを受ける。

どんなにパワハラを受けても、過酷な労働を強いられても、家族のために、仕事をやめることができない。

一度上げてしまった生活水準は、下げられないからだ。

そうして、腹痛や頭痛などのうつ症状に悩まされながらも、毎日毎日ほとんど休みもなく会社に通い、どんなに上司から罵倒されようが、歯を食いしばって会社にしがみつくしかない憐れなオヤジに成り下がるのだ。

私が何をいいたいかというと、「正社員であれば安泰」なんて単純な発想でいたら人生詰みだということだ。

たとえば、プログラマなら派遣で働けば時給3,000円なんてザラだ。

時給3,000円の派遣社員が一日二時間の残業をすれば、収入はいくらになるか?

日給は、3000×8+3000×1.25×2=31500

一ヶ月20日稼動で、月収63万円、年収756万円だ。

当然、残業時間の多いところで働けばもっと稼げる。

深夜残業になると、時給は1.5倍になるからだ。

さらなる強みは、プログラマには汎用的スキルがある。

汎用的スキルというのは、どこにいっても求められるスキルのことだ。

会社がつぶれようとまったく痛手はない。

すぐに他の会社から採用してもらえるのだから。

私は、プログラマは医者についで食いっぱぐれのない職業だと思っている。

事務職の正社員が一番詰んでるんだ。

わかったか。

安易に「正社員であれば安泰」なんて思わないことだ。

正社員になって人を見下している暇があったら、手に職をつけろ。

スポンサーリンク

「男は40から」と勘違いしている男がヤバイ

人生詰んでるのは、安月給の正社員のくせに、

「男は40から」と言っていつまでも結婚しない男。

女性は案外男性を見た目で選んでいることをわかっていない。

男性は35才が一番油が乗っていて素敵だと思う。

しかし、その最後のモテ期の栄光は長くは続かない。

38歳あたりを境に、見る影もなく劣化し、あなたの人生は終わる。
(ちなみに30手前でもそういう時期があるが、そのときと違って、もう上がるタイミングは二度とこない。)

それなのに、「男は35で独身でもまだまだだが、女の独身の35はヤバイ。」とか思っている。

そして「やっぱり女は20代が一番。40になったら20代の女と結婚したい。」とか考えている。

夢をぶっ潰して申し訳ないが、統計結果として、事実として、40代の初婚男性が20代の女性と結婚する確率は、ほぼゼロである。

申し訳ないが、それが事実なのだ。

アンジャッシュ渡部は、あなたとは稼ぎのケタがマルいくつも違うのである。

あなたは、アンジャッシュ渡部ではない。

夢も希望も汎用的スキルもない、安月給の人生詰んだ正社員なのだ。

40になったところで、今とたいして給料は変わっていない。

ただ年をとった、くたびれたオッサンになっているだけなのだ。

そんな男がどうして20代の女性と結婚したいなどと、おこがましいことを考えるのであろうか?

多くの男性が、どうして手ごろな同年代の30代女性を選ばず、無理めな20代の女性に挑戦して失敗し、天涯孤独を貫くことになるのか?

その理由は、あるサルの研究から明らかになっている。

サルのオスに、届かない場所にたくさん置かれたバナナと、手の届く所に置かれた一本のバナナの

どちらかしか選択できない状況を作ったときに、どのような行動をとるか調査するという研究である。

サルのオスは100%、届かない場所にたくさん置かれたバナナを選ぶ。

結果は当然取れないから、飢えてしまう。

そして、何回挑戦させても、届かない場所にたくさん置かれたバナナを選び、失敗し続けるのだ。

学習能力をはるかに凌ぐ、享楽への欲求。

簡単に取れるだろうけど、取れてもあんまりおいしい結果じゃない方ではなく、

あまり可能性はないけど(実際はまったくない)、もしも取れたらおいしい方を選ぶのである。

これは、哀しいかな人間の男性の恋愛にもまったく当てはまる

手ごろな同年代の30代女性を選ばず、無理めな20代の女性に挑戦して失敗し、

学習することなく同じ行動を繰り返し、天涯孤独を貫くのである。

仕事では絶対にありえない、こうした愚か極まる行動を、こと恋愛の場面では、やってしまうのが男なのである。

▼「45歳なのに20代とか狙ってませんか?同じ40代とか狙わんとアカンのちゃう?」
って子ども記者(小学生)も言ってます。

スポンサーリンク

「独身男性より独身女性がヤバイ」と勘違いしている男がヤバイ

男は女に選ばれる立場だ。

結婚適齢期の男は、結婚適齢期の女よりも、数が多いからである。

しかも、男性は自らの認識を誤っている。

年をとって結婚しづらくなるのは、女性ではなく実は男性なのだ。

大誤算か?

女性の価値は、実は見た目ではない。

高所得の男性を伴侶にもつ女性に、美人は少ないという。

女性の価値は、見た目よりも、女性性や、母性、余裕や思いやりの気持ちなど、内面的な要素のほうが勝っている。

女性は年をとればとるほど人生経験を積んで、内面と精神性を高めやすい。

女性が内面を向上させることは、数十万程度の投資をして恋愛系自己啓発セミナーに通うなどすれば、十分可能だ。

しかし、平凡なサラリーマン男性が億万長者になることは、ほとんど不可能に近いのである。

若い時にはそれほど魅力的でなかった女性も、年を重ねるごとに洗練され、外見が美しくなっていく例はあまたある。

男性では、女性ほどそういう例は見られない。

もれなく確実に、劣化に晒されていく。

それはそうだ。

女性は化粧や髪型や洋服選びのセンスでカバーできるし、身なりのケアもおろそかにしないが、男性はなかなかそうしない※からだ。

過去記事を参照

事実、女性が年上で、若い男性と結婚するという事例は多い。

それに対して、男性は年をとればとるほど、わがままでやっかいな性格になっていく

あらゆることに対して、こだわりが増え、理想の女性への要求は増す。

髪の生え際は後退し、不摂生な生活でおなかも出て、不衛生な生活で清潔感もなくなって、醜く年をとる人が実に多いのである。

激務をこなし高所得となりながらも、若く美しく清潔な外見と、男性としての肉体的な能力をキープし、20代美女をゲットする確率は、もはや天文学的確率である。

つまり、無理ってこと!

スポンサーリンク

男性が独身でいるデメリットがヤバイ

独身男性は、既婚男性よりもかなり寿命が短いことがわかっている。

独身男性は不摂生な生活になりやすいためだ。

対して、女性は独身と既婚で寿命に差はみられない。

また、女性はあまり恋愛に恵まれなくても幸せを感じている人が多い

逆にモテる女性のほうが幸せを感じていない場合が多い。

恋愛は不条理で、自分だけの努力ではどうしようもない、思い通りにならないものである。

あらゆることに耐性のない、多感な若い時期にそれを知ってしまうと、恋愛に対して悪いイメージがついてしまい、人生にも絶望してしまうからだ。

一方の男性はまったくモテない男性が、不幸を感じている。

異性を求める欲求は、女性のそれとは比にならないくらい大きい。

その欲求が満たされない男性は犯罪にすら手を染めるほどだ。

そして、男性は女性に比べて、コミュニケーション能力が低く、年をとるほど孤独を選びがちになる。

孤独はタバコや酒、肥満よりも寿命を縮める。

男性のほうが女性よりも結婚しにくく、結婚しないデメリットもはるかに大きいことがおわかりいただけただろうか?

結婚しない男性は、天涯孤独の短い、不幸で寂しい人生を送ることになるのだ。

目を覚ましたまえ。

独身男性諸君は、サッサとゲームをやめて家から出て、近くにいる同じ年頃の独身女性を捕まえてプロポーズすべきだ、今すぐに。

彼女は、あなたの灰色の人生をゲームよりも鮮やかに彩り、命の恩人にもなってくれるだろう。

スポンサーリンク

愛されたいなら、まずは愛しなさい

・・・とまぁ、世の中のアホな男にうんざりしながらも、好きなんですよね。

そんな男たちのことが。

まさに生命の神秘。

恐るべし種の保存プログラム。

もちろん女にとって、恋愛は一大事ですから。

内心は、上から目線

表面は、下手に出て愛情たっぷりに

の、恋愛のダブルスタンダードでやっかいな男たちに接しましょう。

「ゲームばっかりしとるわ、やれやれ。」

とは思うんだけれど、ここはひとつオトナになって、自分から愛してあげるのです。

はー、スッキリ(*´▽`*)

ではでは~

スポンサーリンク