非モテ男が哲学者に”恋愛論”を訊ねてみた~哲学者すら気づいていない、もっと大事な要素がある!~

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト

結婚相談所で交際休止に入りました!/婚活崖っぷち/ひそかに妊活開始/石原さとみになりたい

最新記事 by 婚活ミニマリスト (全て見る)

哲学者が恋愛について、何を語るのか非常に興味深いタイトルです。

スポンサーリンク

相手の「属性」で選んでしまっても、それは未来永劫には続きません。

 相手の「属性」で選んでしまっても、それは未来永劫には続きません。一流企業の社員でも、会社がなくなることもある。エリート官僚になっても、最近のニュースでの憐れな姿を見るにつけ、幸せになれるかは分からないわけですよね。どんな分野のトップに上り詰めても、犯罪者になるかもしれませんし、成功を確約された「属性」の人はいません。

 相手の属性や条件だけで恋愛して失敗した人は、相手が変わっても同じ過ちを犯します。これは本人の抱える根深い問題ですね。相手を自分の価値付けにするため、独占したい、縛りたいと、所有欲を持ってしまう。これは決して幸せではありません。

若い男子と結婚するリスクは、「将来何者になるかわからないこと」で

35歳以上になってくると人間が固まってくるし、結婚する覚悟もできているので

離婚するリスクが低下すると思っています。

しかし、35歳以上でも大丈夫かと言ったら、若い男子よりは低いとは言え、「属性」は変わる可能性が十分ある。

起業家でお金持ちだったけれど、事業に失敗して一文無しになるとか

フリーランスで働いていて、収入が一気に落ち込むとか

会社員でも、問題を起こしてクビになるとか

精神病んで鬱になって働けなくなるとか、いろいろ可能性はあります。

確かに、成功を確約された「属性」の人はいませんね。

スポンサーリンク

本音で話せる、この人となら楽にいられるな、という感覚を持てる相手を選ぶべし。

 ――では、どうして誰かと一緒にいたいと思うのでしょうか。

 【岸見】そう、なぜその人を愛するのかという問題ですね。それは、「この人の前では、自分をよく見せようとしなくてもいい」と思える人だからではないでしょうか。本音で話せる、この人となら楽にいられるな、という感覚を持てたとき、相手に惹かれる。そんな関係を探していくことが大切なのです。

これは大事ですよね~

どんなにイケメンで、いい会社に勤めていて、好条件な人でも

話していて、「ちょっとな・・・」と思う人は絶対に無理。

その人の人に対する接し方とか、思想とか、生き方とかも含めて「いいな」と思える人がいいなと。

そういう人といるときは、一緒にいて嫌な思いをすることがない人だから、

「一緒にいて楽だな」となると思います。

一緒にいて楽じゃなかったら、違和感の連続だったら、「また会いたい」に繋がらないし

そりゃ当然のことだろうって思っちゃいますけどね。

この記事には書かれていない、もっと上の恋愛レベルにいくための要素がある!

結局この記事では、

「刺激(スペック)ではなく、内面を重視すべし」

と言っていて、それは恋愛レベル2なんですね。

男性にとってさらに大事な要素は、まだほかにあって、まだ上の恋愛レベル3があるんです。

ほんの一握りの男性しか気づいていない、最も重要な要素。

それは・・・

過去記事参照:男性はどんな女性と結婚すべきか?女性の「コミット」が大事~恋愛の悟りの境地に到達しました…~

過去記事をどうぞ!

ではでは☆

スポンサーリンク