ハリセンボン春奈、はあちゅう、西川史子。成功しすぎた女たちの悩みと生きにくさ

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト♡ルールズガール

こんどこそルールズをまもって結婚するんだ!/結婚相談所で活動再開/婚活崖っぷち/石原さとみになりたい/美肌になりたい

最新記事 by 婚活ミニマリスト♡ルールズガール (全て見る)

 
こんばんは。

正社員しか参加できない投資セミナーに怒り新党。WAKAKOです(´Д`)

自己アフィリエイトで参加したらお金もらえるやつなので参加しようと思ったんですけど

全セミナーが正社員限定で、応募したら拒否られました。

なんか、いろんなタイトルでたくさんセミナーしてるけど

どれも最終的には不動産投資勧誘に持っていくのが目的っぽい怪しいセミナーなんですよね・・・

参加した正社員、騙されろw

今日は、

ハリセンボン春奈、はあちゅう、西川史子。成功しすぎた女たちの悩みと生きにくさ

です(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

売れすぎた女芸人。ハリセンボン・近藤春菜~芸能界の華麗な交友~

グノシーの記事で見たのですが、

春菜が先日放送された「しゃべくり7」で華麗なる交友関係を話して話題になったとか。

「春菜会」というグループがあってよく飲み会とかをしているとか

perfumeやら吉高百合子やらとすごく仲がいいとか

収入がすごい(一億超え)とか、結構有名な話。

春菜すごく性格よさそうだし、納得ですよね。

記事には、「昔から春菜がファンだった安室奈美恵と沖縄で飲んだ」とかいうことも書いてありました。

そんな春菜の悩みが、

顔が広すぎるあまり、「友達を紹介してほしい」という目的で近寄ってくる人間が多いことだそう。

これがかなり悲しいそうで、落ち込んでいるらしい・・・。

ううむ、悲しい(T_T)

友達はたくさんできても彼氏はできないし、

イケメンが寄ってきたと思ったら

「ねえ、吉高百合子ちゃん紹介して」

って言われて、それ、すっごいショックだよな・・・

スポンサーリンク

成功しすぎた。ブロガー・作家・はあちゅう~華やかな経歴と交友~

はあちゅう ブロガー・作家。1986年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。在学中に友人と企画した期間限定ブログが1日47万PVを記録し、ブログ本を出版。卒業旅行は企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を敢行した。卒業後は、電通のコピーライター、トレンダーズを経てフリーに。「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。2017年には初の小説集『通りすがりのあなた』を出版。その他の著書に『半径5メートルの野望』(講談社)、『言葉を使いこなして人生を変える』(大和書房)、『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』(すべて幻冬舎)など多数。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」が好評。

引用元:はあちゅうさん。反感を買うことに恐れはないですか?【秋元祥治×はあちゅう(中編)】

ブログが1日47万PV!?

・・・(;;´Д`)

うっそぉぉん・・・

ヤバない??

私が働いてる会社の何倍のPVだよ・・・

すごい人なんですね、はあちゅうさんって・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

名前は知ってるけど、あんまり知らなくって、「電通辞めても私はやっていける」みたいなことを言って電通を辞めてブロガーやってて、っていうところしか知らなかったんですけど。。

歳も近くて、たぶん同級生かな??

それで、結婚もまだなのかな・・・??

Wikipediaにも結婚したって書いてないし。

で、Wikipediaみてて、

女性向け恋愛WEBマガジンAM「毒吐きはあちゅうのアラサー恋愛入門」

を知って、読み始めたのですが、面白くって、一気に全部読みました(*´▽`*)

「27歳の誕生日でした」、って書いている記事があったので、

もう5年も前のコラムになるけれど、独身アラサー女子の恋愛事情について赤裸々に書かれていて、だいぶ共感の嵐でしたね。

でもちょっとはあちゅうさんは、すごすぎるので

すごく有名だし、経歴もすごすぎるし、成功しすぎているので

「マジでタイヘンだな・・・(;´∀`)」

と思ったエピソードがありました。

はあちゅうさんにイイ感じになった男性ができたのだが、なかなか付き合おうっていうことにならないことがあったと。

どうして付き合おうっていうことにならないのかと、はあちゅうさんが尋ねると

「君は自分が尊敬している人に会えちゃったりしているし、

正直妬ましいような感情があって、付き合えない」

みたいなことを言われてしまったと・・・( ;∀;)

確かに、そうそうたる有名人たちと交流があって、すごいですもんね・・・

コラムの中でも

「ロンブーの淳さんに恋愛相談をしたら・・・」

とかサラっと出てきますw

「『はあちゅう、私たちみたいな女が結婚しようと思ったら、全然違うフィールドで活躍している人か、ヒモしかいないわよ』と先輩に言われた」

みたいな話もありました。

タイヘンやな・・・(;´∀`)

うーん

確かに、これだけ成功しちゃうと、なかなか相手はいないかも。

いい大学に行ったり、いい会社に入ったりすると、そこでスペックのいい男と出会えるから有利

みたいな話もあるんですけど、それは確かにあると思うんですけど、

男が果たして同じフィールドで対等かそれ以上に活躍する同業者の女に恋心を抱くのかというと疑問があるわけで・・・

ここまで女性がスゴくなっちゃうと、確かに結婚もしづらいでしょうね。

自分以上に成功している男を探そうってなってもなかなかいないし

そういう男はひたすら女に目が肥えちゃってるわけだから

果たして鼻っ柱の強いプライドの高い女を選ぶかって言ったら、難しそう・・・

メラニア夫人を選んだトランプ大統領みたいに、トロフィーワイフ的な超絶美女を選ぶか

超性格美女な、内助の功な、つつましやかな、夫を全身全霊で支えます的な、家庭的な女を選ぶか

突き抜けるともはや女がよりどりみどりすぎて「結婚なんか関係ねえ」みたいな、生涯シングルで遊びまくり、みたいな感じになる気がしません・・・??

天海祐希みたいに、

「お金には不自由してませんし、恋愛も結婚もいいです、ひとりが好きなので」

って突き抜けられちゃったら楽なんだろうけど、なかなかそうはいかないわけで・・・

私も京大卒だからモテないとか前に書いたことがあるけれど

「京大を出ている」なんて、はあちゅうさんの成功に比べれば、鼻くそみたいなモンです。

私なんか、ブログのPV数も一日ウン十PVくらいしかないし、

エステのローンも残ってるし、派遣社員だし、コンビニバイトが趣味の庶民派だし

もう全然結婚できるっちゅーねんw

(ホントか??)

スポンサーリンク

そもそも女医がアウト。女医・西川史子~女医はモテないが、看護婦はモテる~

女医がモテないっていうのはかなり有名な話で。

稼げちゃうから結婚を続ける忍耐がなくてすぐに離婚してしまうし、そもそもモテないっていうのが理由らしいですが。

西川史子先生、やばいですもんね・・・闇が。

はあちゅうさんにも闇を感じましたけども・・・比じゃない闇っぷり(;´∀`)

一方、看護婦さんはすごいモテる!!!

手に職があって稼ぎがいいからっていうのが理由らしいけど、

「だったら女医はもっと稼ぐじゃん。」

って思うんだけれど、それは行きすぎなんだそうです。

めんどくせーな、男って。(´Д`)

スポンサーリンク

成功しすぎた女性たちの生きにくさ。光には影あり。成功の代償はあまりに大きすぎた

何事もほどほどがいいというか

あまり突出しすぎると生きにくいというか

モテるのどうのの前に、はあちゅうさんはバッシングがすごかったそうで・・・

「ええ、そこまで言われたの?」

って思うほどのバッシングを彼女は大学時代からずっと受けていたんですね。

「本の印税は読者が分け合うべきだ」とか「大学の恥」だとか

「顔を見るだけで不快になるほどブス」とか、すごいことたくさん書かれたそうです・・・

はあちゅうさんの華やかな経歴として電通に勤めていたことが挙げられますが

電通時代に壮絶なパワハラとセクハラを受けていたということを、

退職して7年も経ってからようやく#metoo運動をきっかけに告白できたということで

読んでみたら凄い話でした・・・

私も、はあちゅうさんといえば、

「電通を生意気な感じで辞めた生意気な子」

っていうイメージで、好感度低かったんですよね、正直・・・。

華やかで強い「はあちゅう」という世間のイメージの裏で

こんなに苦労した経験を隠して、「忘れられない自分が弱い」と一人で抱えていたんだと思うと

なんて不器用な人なんだろうって思っちゃいますね・・・

同じブロガーを志して、彼女の功績を知って、彼女の文章を読んで、彼女の知られざる歴史を知って

ようやく少し彼女のことを理解できたという感じがしています。

本当はすごく繊細で、高校時代は地味だった普通の子だったのが

不器用な性格ゆえに、突出して強がって世間から誤解されてバッシングを受けちゃってたこと。

気になる。

はあちゅうさん。

図書館で本借りまくろう。

今ちょうど「とんねるずのみなさんのおかげでした」最終回見てますけど、神番組だったな・・・

ほんとのうたばん、毎週お腹抱えて笑いながら母と観ていたし

野猿、大好きだったんだよなぁ~・・・

懐かしいなぁ~・・・

ではでは~

スポンサーリンク