【早起きは3億の得】スターバックスCEOが毎朝4:30に起きる理由「21世紀の歴史は朝に作られる。」

The following two tabs change content below.

婚活ミニマリスト

結婚相談所で活動再開/婚活崖っぷち/石原さとみになりたい/美肌になりたい

 
おはようございます。

今日は、8.5時間睡眠、WAKAKOです(=゚ω゚)ノ

昨日録画した「じっくり聞いタロウ」~”整形”で人生が変わったスペシャル!~を観ております(*´ω`)

目の整形が一番多いのかな?

目でイメージかなり変わりますもんね~!

人生悔いのないように、やりたいことはやっちゃうべき!

さて今日も、リーディング&カンパニーより

スターバックスCEOが毎朝4:30に起きる理由「21世紀の歴史は朝に作られる。」

をご紹介します。

スポンサーリンク

以下、すべて引用元:スターバックスCEOが毎朝4:30に起きる理由「21世紀の歴史は朝に作られる。」

世界のCEOはほとんど例外がないほど早起きです。CNBCのレポーター、Julia Boorstinさんは毎年数えきれないほどのCEOにインタビューをしていますが、早起きを習慣にしていないと答えたCEOは一人、二人ぐらいしか記憶にないそうです。

やっぱ、朝、イイよね(*´▽`*)

私も朝大好き!

学生時代からずっと朝型です(*´ω`)

コンビニバイトも朝勤です(*´ω`)

働いているうちに夜から朝になっていくかんじが気持ちがいい~(*´▽`*)

リチャード・ブラウソン:人生は刺激的すぎる。休暇中でも5時45分には目が覚めてしまうよ。

こんなカッコいいセリフ、言ってみたいものです(*´ω`)

ステキですね!

早朝の1時間は日中の2時間分の価値がある。

すごくわかる!

「成功者は朝食をとる前に何をしているのか」の著者である、Laura Vanderkamさんによれば、早起きを習慣としている人は、朝の時間を使って、「すぐに結果に結びつかないが、長期的に考えて利益になる」ことに対して投資する傾向があり、それは大きく3つのカテゴリーに分かれます。

1. キャリアに栄養を与える–戦略を立てて、仕事に集中する。

2.人間関係に栄養を与える–家族や友人と過ごす時間にあてる。

3.自分自身に栄養を与える–運動や瞑想、クリエイティブなことに時間をあてる。

私は1番。

ブログ書いてますね!

成功者は長期的な視点で物事を考え、自分にとって大事なことは日中どんな用事が入っても大丈夫なように朝一番で終わらせることを心がけているようです。

今は、ブログが一番大事!!

モノ書きになりたいっていう子供の頃からの夢だし、今の自分のすべてを捧げて書いているし、帰ってきて落ち着けるもう一つの自分の家、みたいなかんじです。

Twitter創業者:毎朝5時半に起きて6キロのマラソンを欠かさない。

走ってる人、リスペクト・・・(゚∀゚)

新しい世紀の最初の10年は、どの時代も前世紀からの「乗り換えの10年」ですが、創造性が必要とされる21世紀の歴史は間違いなく「朝」に作られます。日本には「早起きをする人で家族を幸せにできなかった人はいない」という諺があるくらいです。

とりあず、「早寝」から始めることであなた人生は大きく変わるのではないでしょうか。

朝早く起きて、ゆっくり過ごす時間って幸せだし、人生が豊かになる気がする。

哀川翔さんが早起きは3億の得と名言している

体感的には、まさしく!(*´▽`*)

朝って、できたての一日っていう感じがして好き。

10時に寝て、6時に起きるのが理想です。

10時に寝て、今日は、7時に起きちゃったけど(笑)

今週寝るのが遅くなっちゃったせいなので、やっぱり「早寝」から始めることが大事ってことですね!

今日のめざまし占いは何位かなぁ~~?

ではでは~

スポンサーリンク